FC2ブログ
07 * 2020/08 * 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06/30
睡夢家首脳会議
サミットのテロ警戒で
駅にポリスがいっぱい立ってますが
週末の東京ではほぼ全員
駅利用者に道を尋ねられていて
警戒どころではなくなっていた。

便利になってるだけだ~!
ちょっとウケた睡夢です。

日曜日ファミレスにて
第1回家族会議開催。

ママンは最初(約3カ月前)
「軽い鬱」と診断されたこともあり
パピーとオトートはまだ
「統合失調症」について
ピンときてないようすだったので
参考文献片手にレクチャー。

ママンの中では妄想は真実であること。
一番ツライのはママンであること。
妄想に同調するべきではないけど
「ツライ」という感情の部分では共感すること。
まず薬物療法が重要らしいということ。

などなど。

薄々分かってはいたけれど
ごるごは人によって少し態度を
変えている。

オトートには割と多めに
「ママンの部分」を見せてるんです。

私とパピーに対するごるご度は高い。

なのでオトートとの温度差を
感じていた。

私が薬飲ませるときの
哀しいエピソードの数々に
苦笑いのオトート。

不思議なもんだな。

多分オトートに対しては
「対息子」という強いママンフィルターが
かかってるんだと思う。

私とパピーにはこころおきなく
ごるご全開にできるみたい。

それは光栄なことなのかなんなのか分からんが!

どっかツライから病気になるわけでしょ?
なんの病気でも。
病気になることで人間の身体は
「休憩」を強制的にとるような仕組みになってる。

こんな状態なのにママンの心は
母であることをキープしようとしてる。

そこをうまく使って病識が持てるように
誘導できるかも…という淡い期待とともに
もっと病気に没頭しなよ!
もう何の役割も放棄していいんだよ!
とも思う。複雑な思い。

なんにせよ家族の中で温度差があると
ママンへの態度にムラができるし、
オトートに対してだけママンがしっかりしてることに
イラっとしてしてしまったりする。

そういうことを解消するためにも
家族会議は有効です。
愚痴でも何でも話すとすっきりするし
整理される。
それから、お互いに日頃の健闘を
讃え合いましょう。言葉にして。

ママンが疎外感を持つといかんので
雨降ってるから車で買い出し行ってくるね~
とごまかして3人で出かけました。
(ママンは人目が気になって
一歩も外に出られないのだ)

ひとまず今まで服薬係は
私がひとりで請け負っていたのを
徐々に分担制にしていこうかなと。

私がいないときのためにも
薬飲ますときの態度・言葉など
体得しといて欲しいし。

ちなみにマニュアルはないからな!
試行錯誤っすよ。

初期はダメな態度とってたよ私。
理詰めで説得したりしてさ~。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 先生、ツラいっす!.
all rights reserved.