FC2ブログ
07 * 2020/08 * 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
10/19
2008年2月のママン・2
1の続きです(→過去記事リンク)。

老人性のウツ?と私が思ったのは60歳という年齢的なこと、そして「老い」に対してママンが過敏になっていたからなのだ。

ママンは家族の私がひいき目に見てることを差し引いても、見た目が若い方だと思う。
美容院も定期的に行って(私は半年に1度ペースなんだけど~(笑))ヘアスタイルを保っていたし、服はジーパン主体でシンプル。

2月後半から、何もかもが不安みたいだった。

「着るものが無い、外に出れない」
もうすぐ春なのに服が無い、っていつも言ってた。
つってもシーズンごとに流行の服を買う習慣なんて無いんだよ?今年に限ってなんでやねん!と思った。
でも説明してもダメなんだよね。春だからって(笑)何それ?みたく言ってしまっていた。
そんでカレンダー的なことを妙に気にする。肌寒いから厚着してると、もう4月だからそんな格好、変だよ…そんな人いないでしょ、とか。他人の目を気にしてる感じ。

「顔色が悪くて服が似合わない」
言い始めのころは気のせいだったけど、この後本当になっていった。食欲が無くなり、眠れなくなって。ギリギリ外出できてたこの時期、一緒に服を探しに行ったけど、顔色が悪いってことを理由に全部却下、何も買えず。

今までの働き者のママンを知ってるから、家族はみんな、疲れてるんなら休めばいいし~って思っていた。
んで、なんと3月に入ってママンは自ら病院を探して行ったのです。
これでひと安心(←楽観的過ぎorz)と思いきや、段々妄想を口にするようになってきた。あれれ?

でも、「人目を気にしてる雰囲気のつじつまが合うな」とは思った。「こんなんじゃ外に出れない」っていう理由が回りくどくて、他に理由があるのかも?って感じだったので。
もちろん、「老い」に対する恐怖も少なからずあると思うけど、それと平行して、同等(もしくはそれ以上)に妄想がママンを苦しめていたのだ。

うーん、精神的な病気って線引きが難しい。病名って分かるとホッとするけど、だから何?みたいな(笑)

昔知人が、「酒飲んで色々しゃべっちゃって自己嫌悪」とか「1日の終わりはひとり反省会だよ」とか言ってて、「なんだ他の人もそうなんだ~」って思ったけど、それで私が変わるわけじゃないんだよね…たとえが間違ってますか(笑)

自分の一存ではどーにもできない苦しさを抱えてる、って意味では病気は全部同じかも…こうやって書いてるとそう思う。

(またいつかに続く)

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

はじめまして
私も家族がこの病です
もうこの秋を持ちまして3年が過ぎようとしてます
本人が一番辛いのは分かりますが…家族もかなり辛いですよねe-263
樹理 [URL] 2008/10/21(火) 22:11 [EDIT]

樹理さん

はじめましてこんにちは。
うん。家族もツラいっす!よね。そんな感覚で付けたブログタイトルであります(笑)ダイジョブですか当ブログ。「笑いとばしたる~」ってコンセプトなのデスが…。

この病は長期戦を覚悟しなくてはならぬようなのでこのような場所を作りました。他のご家族がどう過ごしているのか、どんな会話をしているのか、大変関心があります。よかったら樹理さん、またいらしてくださいね。お互い無理はせず頑張りすぎずぽよよんと頑張りましょう~。

睡夢 [URL] 2008/10/24(金) 08:59 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 先生、ツラいっす!.
all rights reserved.