FC2ブログ
07 * 2020/08 * 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
10/01
9月のママン
寒いよ~寒いよ~。睡夢れす。

月に1度の診察はイコール、ママンにとって唯一の外出。

前日の夜から行きたくなさそーなムード満点。きゃ。
でも3日前からナーバスになってた頃もあったしなぁ。良くなってるよなぁ。

ママン深いため息。
「ふぅぅぅ、明日病院…やだなぁ。
はぁ…ねぇ…お風呂入んなきゃだめ?…やだなぁ」

「ああああたしだってやだよ~まーた緊張してワキ汗かくしぃ(笑)
お風呂は入っといたほうがいいと思うよ、明日病院だし」

ママンの気持ちもくみつつ、さらっと言う。そしてそのまま去るべし。
この時点でママンは自分で脱衣所まで来てるんだ。
だからだいじょぶ、きっと入るはず。と思えるから。
ま、好きにしていいんだよ~って余韻を残しながらあとはママンに任せる。

「お風呂入んなきゃだめ?」ってわざわざ聞くのは…うーーーん、どういうことだろう(笑)
意味があるんだろうけど。むむむむむん。
「不安な気持ちを吐き出したいんじゃろう」と解釈して、こんな風に話してます。
そしてそのまま去ってもママンはちゃんとお風呂入ってることが多い。
時々2階に上がっちゃって入らないけど。

ママンがごるごと闘ってる、あらわれなんだろう。
ごるごに呑まれてる感じが小さくなっている。
言葉にできるようになったのは、進歩なんじゃねーかなー。

本当に凹んでるときって言葉にならない。
私も手帳に2週間空白があると、あれ?なんで?
…ああ!この時期書く気が起きないほど元気なかったわ、てことあるもん。

病院の前で「胸がぎゅーっとなって痛い」とママン。
それくらいイヤだということね。
気がかりなことがあるとモヤモヤして胃だか胸だかがぎゅいぎゅいするよね。

「あーえーと…それに名前をつけるとしたらどんな?」
「…」
「?」
「…ムネイタ」
「ぶはっ。まんまじゃん(笑)ホントにそれでオッケー?しっくりくる?」
「…うん」
「そっか、ムネイタか…」
話しながらさりげなく自動ドアをくぐる。

だから、私は良くなってきてると思うんだけど。
この感触をうまくもっち先生に伝えられず、ちょっと残念。

もっち先生も良くなってるとはおっしゃっていた。
でもいつかのタイミングで薬少し増やそうねと。
睡夢&れおんドッキンコ。

今回すでに薬増えそうな雰囲気だったんだけど
上記の手応えが私の中にあったので
増量延期の流れに持ってってしまった。
薬はイヤ!みんながうるさいから仕方なく飲んでる、とかママンが言ったので
それを受けてのもっち先生の判断なわけですが
(そういうこと話せるようになった、てのもいいことだよな)。

けどまた近頃入浴拒否…睡夢&れおんドッキンコドッキンコ。
ドッキンコし過ぎ!
あああー薬増やしてもらうべきだったのかなー。うううー。

「病院付き添い」つー世界もなかなか奥が深いす。
話す量とかタイミングとか私がママンより前に出るのは違うと思うし。
かといって「良くなってると思う」のをママンに代わって話せるのは私のような気もするし。

目の前のことに一喜一憂しがちだ。
ごるごの調子には波があることを理解しないと。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 先生、ツラいっす!.
all rights reserved.