FC2ブログ
07 * 2020/08 * 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
02/25
めんどくさ部 県代表が家族の夕食をつくる奇跡の軌跡・その2
その1→http://turaissu.blog50.fc2.com/blog-entry-107.html

めんどくさがりが料理で一番最初に直面する問題は野菜を切るということなんじゃないかと思う。

ジャガイモの皮むきとかまじめんどーだしぃー。

しかーし、野菜の切り方が雑でデカいとその後の行程に打撃が。炒めるにしろ煮るにしろ時間がかかって変になる。
ここはぐっと我慢して丁寧に切ろうではありませんか!細かくするべきところは細かくする。

(ぐっと我慢と言いましたが私は時短テクニックとかを伝授できるわけではない…。コンセプトは「慣れるしかねえ」!)

野菜切ってるときのもやもやした気持ちって、「これを切らんとなんも始まらん!あああ手早くできん!」という焦りのような気がするんだけどどーでしょうか。

ではでは一品作りながら野菜を切ろうぞ。

それは味噌汁。夕食に必須。
正しい作り方か分からんのですが、豆腐やキャベツの味噌汁って、最初にお湯を沸かしてから具を投入しますよね。
まず鍋を火にかける。
そして沸騰するまでの時間を使って、他のメニューの野菜を切る。

例えば◆豆腐の味噌汁と◆野菜炒め(キャベツと人参とピーマンと豚コマ)を作る場合。

鍋+水+コンロ点火

冷蔵庫から豆腐と野菜を出す

キャベツと人参切ってるあたりで鍋が沸騰

味噌汁に気持ち切り替え 

味噌を溶いて豆腐を入れて火を消す

ピーマン切る

こんな感じ。

行程にを付けましたがここがポイント。
料理の初心者、つーか私なんですが、どうも同時進行で手際よくしたがって焦る。
「野菜の準備も進んでるし、一旦おいといて味噌溶こう」と気持ちを切り替えること。

ピーマンが残った!と思うのはノンノン。ピーマンを切っている間に味噌汁の豆腐が余熱であったまるのです。
つまりピーマンを切っている間がないと味噌汁が仕上がらない。ひとつも時間を無駄にしてないですねぇ。
これでとりあえず「ご飯と味噌汁が完成している状態」でメインの野菜炒めにとりかかれる。

副菜はまあ、てきとーに。

トマト切ったりレタスちぎったりキムチ買っといたり。納豆とか塩昆布とか。
今はさすがにもうひと品作れますが最初はこんなんで十分でしょ。毎日お惣菜時代よりぐっといいわー。
足りなかったら各自ツナ缶でも開けとくれ。食後にバナナもあるでよ。

味噌汁の具は好みがあるだろうけど、とにかく困ったら私は豆腐かキャベツ。あとホウレンソウをゆでとくとか。
ジャガイモは皮むきがめんどいし熱が通ったかどうか気にしないといかんので気分がいいときだけだ!最近高いしね!

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 先生、ツラいっす!.
all rights reserved.