FC2ブログ
07 * 2020/08 * 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
02/22
めんどくさ部 県代表が家族の夕食をつくる奇跡の軌跡・その1
全世界の料理人のみなさん!こんにちは!尊敬してます!

私は町で一番のめんどくさがりでして、県代表くらいにはなれると思っています(たぶん世界大会は無いんじゃないかなー。そのレベルの人たちは大会に出るのもめんどいだろうから)。

私のめんどくさ魔の手は料理にも至っておりまして、味噌汁の味噌を溶くのもダルいほど。
むしろ味噌を溶く頻度は私よりもオトートのほうが高かったかもしれない。
それくらい料理をしなかった。

ママンが夕食をつくれなくなって2年ほどになる。

2年前は(当時まだ働いていたこともあり)、毎晩お惣菜でした。
これがやっぱり高くつきます、お金。
それにひとつのスーパーのレパートリーはそんなに多くないんで、飽きがくるのがはやい。味が濃いってことなのかなあ。
家から出られなくてただでさえ運動不足のママンに、こういうものをずっと食べさせるのも心配だった。

さて、無職になった私。

いくらなんでも夕食くらいはつくらないとレゾンデートルが問われる…しぶしぶしぶ…。
最初はイヤでしたよー。

毎日?
えっ、あっ、こっ、これ毎日なのか!?
わけ!わからん!
りふじん!!
ぐぎゃー!!!
お母さんってすごかったんだ…嗚呼…。

イライラしたりしみじみしたりしながら夕食つくっていた。そんな状態で1年ちょっと経過。

ようやく昨年の秋くらいから、手ごたえを感じるようになってきたのであります。

あれ?めんどくさ量が減ってる気が…。
以前の「誰か手伝えや!ごあああもう!」って気持ちが、むしろ「ちょ、邪魔しないで!ひとりにして!」に変化している。
もろもろのコツをつかみかけて、うん、楽しいです。楽しいときある。

結論は【超絶めんどくさがりでも慣れると料理は楽しくなる】ってことなんですけども。

必要があればできるようになるんですね。だから無理してやることないと思う。
ただ、「ふえー、このめんどくさ大臣である私が、料理に興味を示してるなんてー(笑)」っていうのがおもしろかったんで、メモしておこうかなと思ったのでした。
まあまた、その2に書きます。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 先生、ツラいっす!.
all rights reserved.