FC2ブログ
04 * 2011/05 * 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05/27
私→世界→私 ループ
私もう2年以上無職で、働かなくても精神的に全く問題ないのだけど(社会的に問題アリという自覚はアリ)、2月の終わりくらいに、ふと「今年は外に出よう」と思ったのです。人に会うって意味で。それで職業訓練を決めた。

後押しされたのは普段はあまり信じていないけど占いの、九星気学というものです。
五黄土星なんですが、五黄土星、今年からとてもいい運気らしいですよ。五黄土星の方は是非。いろいろと。
別にスピリチャ~ルにはならないけども目に見えないものの力は割と信じている。信じたい。

そして3月に地震があって、たくさん人が死ぬのを直接的ではないけど見たというか知った。
関東の私は地震のとき、地震とても長くてどんどん揺れが強くなるし、大人になってから真面目に「死ぬかも」と思ったのは初めてだった。
本屋で本棚押さえながら「あれ?こういう風に死ぬのかな」って思った。

絶対に偶然だけど、もろもろ繋がっている気がしている。

単純に、自分が行動すればそのことに反応があるのは当たり前で、でもその当たり前が今とても新鮮である。ずっと自分としかいなかったから。
まあママンとか、家族はいるけども、家族と外の人は違うから。

自分が世界にはたらきかけるので、私が私と一緒にいるのとは違う、自分以外からの反応っていうのがあって、そういうのがおもしろい。
これがめんどくさくなったりもするのだろうけど、今のところは毎日人に会うのも楽しい。

ふーん、世界ってこんなでしたっけね。

しかも外の世界や他人に興味を持ったら、ひとりでいたときよりも一層自分がくっきりして、それにも戸惑ったけど、私は私の中の私と以前より仲よくなった。

なんて言うんだろう。
他人と話すのが思っていたよりイヤじゃなくて、同時に同じ分量でずばっとひとりになれる。そのことが自然。
切り替えがうまくできるようになったということだろうか。うまくじゃないか。なんだろう。

2年以上の無職期があったからこそだと思う。
ひたすら自分といたし、新しく自分を楽しませる術もいくつか知った。というのもインターネットの世界にはたくさん面白いことや面白い人がいて、それは競ってもいいんだろうけど私は並列に見えた。

インターネットがとても楽しいことを知ったので、じゃあ現実の世界もそういう目で見たら、実は面白いのかなと思った。
インターネットって言っても作ってるのは人間だもんなあ。

ただ、インターネットは面白い人や面白いものを見ていればいいけど、現実世界はときどき言葉を発しないといけないので、そこはまだ緊張する。

いつかまた疲れたり、イヤになるときが来ると思うけど、今は楽しい。

みたいな、充実~☆っぽい気持ち悪い精神状態が続いていて、自分でもちょっとどうかと思うときがあって、たまに「だいじょぶかーおーい」と自分の裏側を確認している。

思うに、私は自分が思っていたよりも人間が好きだったのだろう。

それから、鶴見済の『人格改造マニュアル』という本で「早起きすると健康的な気持ちになる」みたいなのを読んだことがあって、それは本当だったなと思う。

社会復帰のため強制的に早起きするように職業訓練決めたという側面もあるのですが、午前中に起きて生きるのは確かに、気分がよい。1カ月目くらいから自覚した。本には、3日でも1週間でもいいって書いてあったけど。

もちろん、たくさん眠るのが好きな自分もまだいる。いつでも戻れる。
いつでも戻れるということが分かって嬉しいのです。

スポンサーサイト



05/24
地震後
私の中が変わったようで、変わったのか元からあったものが開いたのか分からないが。

管理ページに久しぶりにログインしたら3/27付の下書きがあって、寝ぼけたことが書いてあったのでこれは下書きのままとっておく。
(分かったような口きいて「お見舞い申し上げます」みたいなこと書いてた。アップしなくてよかった。でもとっておく)

3/9の日記を見ると、めんどくさい虫を退治することにしたようす。
あれから。

めんどくさがっていた地デジ、我が家に来ました。
そしてハロワに行って、職業訓練決めて、通っている。

3/9に日記を書いていたのか。あれから2日後のことか。

これからなにが起こるかなんて誰にも分からないけど、3/9の、これからなにが起こるか知らない私の気持ち、思い出そうとしてももう思い出せない。

地震を含め、というか地震が引き金になって、私は少し変わった感じがする。
それをまたここに書いておきたくなった。

Copyright © 2005 先生、ツラいっす!.
all rights reserved.