FC2ブログ
06 * 2008/07 * 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07/27
空と会話する私とオヤジ
ゆうだち。
稲妻きれい。
でも外出したいっす…
雨やむよね~?

玄関先でぼーーーっと空を見上げていたら
視界の遠くに同じポーズの近所のオヤジ(くわえタバコ)発見。
考えてることも多分同じ。

ううわ!
今年最高に無駄なシンクロ!

スポンサーサイト



07/26
無知の恥と哀しみと
どう書き出したらいいのか分からなくて書いてないことがある。
書く必要があるのか、も決めかねていた。

整理したい。知りたい。分かりたい。
だからってどうなるわけじゃないけど、書く。

※例によって長文になりますよ~ん。


ママンには弟(つまり私にとっては叔父)が何人かいて、
ひとり、心を患って亡くなった人がいる。自殺です。
私が中学生の頃でした。

住んでるところが遠いので、会ったことがほとんど無い。
小さいとき一度、「お見舞い」に行った記憶がある。
帰りの電車の中で、ママンが静かに涙を流していたのも覚えている。

すごくよく覚えている。
窓の外を見ながら、ママンの鼻は真っ赤で。
私は手をママンのヒザに置いてて。

どうしておじさんが入院しているのかは分からなかった。
だから、時が経って自殺の話を聞いたときも、
話が全然まったくつながらなかったのだ。

鬱だったのかな…。それ以上詳しく知ろうとしなかった。
ママンに、なんて言葉をかけたらいいのか分からなかった。
それは今でも分からないけど、
今の私だったら、もうちょっとなんか、できてた。

結局ママンは、中学生の私と小学生のオトート、
そしてパピーのために、慌ただしく日常に戻らざるをえなかった。

それが救いになってた部分もあるのかもしれない。
でもママンはゆっくりちゃんと、哀しむことができたんだろうか。
私はそれを共有しようとするべきだったんじゃないのか。


1冊のノートを、読み返す気持ちの余裕が出てきた。
お葬式の後、ママンが形見として持ってきたおじさんの日記の一部。

私は小・中といちおー優等生で(笑)
地域の文集に作文が載ったりしていた。
それが、いかにも大人ウケをねらったヤラしい文なのよね~。
いやまぁ、いい思い出だけど。ママンも嬉しかったろうし。

「あんた、これ読んでなんか書きなさい」
冗談混じりにママンが言って、私にノートを渡してくれたのだ。
だから、書くことにした。
昔の会話だけど、今も有効だよね?ママン!

ママンはおじさんが何で死んだのか、知りたかったのかな。

この前聞いたら、パピーはノートの存在を知らなかった。
私に、解読して欲しかったのかな。
なんでもっと早く、ちゃんと読まなかったんだろう。

統合失調症が発症したことの原因探しなんて、しても意味ない。
現実的に薬を飲んで、話はそれからだ。脳の病気だ。
それは分かってる。
でもそこは主にもっち先生に担当してもらうとして(笑)

私は、自分の無知に対する後悔と哀しみについてちゃんと考えたい。

ヒトのココロなんて絶対分からないじゃん。
キモチワルイ、コワい、ウンザリって感じることあった。

でも大丈夫だから好きなだけ考えな!
深~いところまで行き過ぎちゃったら、
ひっぱり上げるよぉ~って私の中身が言っている。
れおんじゃないな、もっと前から私の一部だったコだ。
今度名前を付けたげよう。

ブログどころじゃなかった我が家のパニクり期のこと、
(完全に自己満足だけど追悼の意を込めて)おじさんのこと、
ママンの発症前のことを書くカテゴリー「ブログ前のこと」作りました。

どーぞよろしゅうに。では再見!

07/25
エブリタイム自分ON!
休みの日をオフと言うのは何でだぁ~。
仕事がオンだなんてなんか納得いかない睡夢でぇ~すぅ♪
あまりの暑さにムダにはしゃいでみる。
午後、雨降るといいね。傘忘れたけど。

リラックスできる状態、
無理の無い状態がオンじゃだめですか。
ボーッとして自分の好きにできる時間。

一言にできないので安易な言葉になるけど
自分らしくあること?
それができる時間こそオンだと私は思いてえよ~。

なんか別に本当にいいんだ。
私の勝手なヘリクツなんだ。
だって別に「オフ」がネガティブな意味で使われてるわけじゃないし。
単に、休む→電源切る→OFFって意味でしょ?

でもON→活動してる→イイコト!
みたいな図式も成り立つんじゃないか?

日々オンで疲れてるから電源切って休ませてやる。
で、オフ。
分かるんだけど。
自分もそういう言い方するけど。

心の中でこっそり
「仕事っつっても別にオフですしぃ~」
って思うと肩のチカラ抜ける。

ああホント、ただのヘリクツだなぁ。
言いたいことが分からん。
さてはチラ裏ってこのことだな!失敬!

07/24
地震とごるご
関東も結構揺れましたよ。
トイレが割と安全だと聞いたことがあるけどなんでだろ?
と思いながらそのとき用を足していた睡夢です。
焦った。

6強ってなかなか聞かないから驚きました。
天候も悪いとか…お見舞い申し上げます。

統合失調症は時代や国に関係なく
100人に1人くらいの割合でかかる。らしい。

そのことを知ってから毎朝、私が乗ってる電車、
この1両に1人か2人の患者さんがいて、
この電車は8両編成だから…
って考えるようになった。

1000人規模の会社なら、とか。
いやいや、たとえば10人の会社だったとしても
その人の家族・親戚・友人…ってたどっていったら。
無関係な人のほうが珍しいんじゃないか。
気付かないだけで。
かつての私のように。

統合失調症だけを特別視してるわけではないですよ。
地震で不安が大きくなっちゃった患者さんもいるだろうな
とか思って。余計なお世話ですね~。
どうにもできない地球の仕組みだから何も心配しないで…。

ママンにはとにかく、睡眠だけは安心してとって欲しい。
別の部屋でNHK観てたらパピーが来たので
「ママン起きちゃった!?」と思ってどきどきした。
でも熟睡してたみたいでホッ。
今朝聞いたら気付かなかったとのこと。

増えた薬は結局、1度も飲んでない。
私の陳腐なボキャブラリーでは
ママンを安心させることがまだできまへん。

先生の処方通りに飲むのがベストなのは分かってるんだけど。
鬱にも処方される「気分をアゲる薬」であること、
「ダルいのがイヤだ」というママンの言葉を受けて
「試しに出してみる」ってもっち先生が言ったこと、
「ダルいのは自然なんだから
今はもっとゴロゴロしててもいいんじゃないかなー」
と私は思うこと、などなど。
色々考えた末、毎回ススメるけど無理強いはしない、
という方向にまとまりかけてるところです。

ところで
あんまりダルいダルいって言ってると薬増やされると思ったのか
それから毎日入浴するようになったママン。
寝る前の(これだけは欠かすなと言われてる)リスパダールも
ゴネないで飲むようになった。

これがもっち先生の計算だったとしたら
見事だとしか言いようがないんだけど(笑)

ママンはママンで闘っている。
無理しないようにそこだけは気を付けて見守ろうと思う。

07/20
ホットがデフォルト
ドトールにて
前に並んでた人の注文が聞こえた。

「アイスティーのホットありますか?」

…。
…?

ぼんやりしてたので一瞬分かんなかったけど
…!
あうううう!?
と顔を上げたら店員さんも軽く混乱していた。

「…?
はひっ、ホット。
紅茶のホットでございますね?」

それもなんか変だった。
なんで紅茶は
「ティーとアイスティー」ではなくて
「紅茶とアイスティー」ってつい言うんだろう。

「コーヒーどう?」って聞かれたら
9割くらいの確率で出てくるのはホットだろう。
夏でもオフィスなんかはクーラー効いてるから
それだけのやりとりでホットが出てきても不自然ではない。

私は暑がりで猫舌でせっかちなので
一年中アイスコーヒーが嬉しい。

「暑いから、冷たいのがいいかな?」っていう、
「アイスかどうかを聞いてくれる」のは
私にとってはありがた~いサービスです。

あるあるある!
私も「とにかく冷たいものが飲みてー」ってだけ決まってて
いざ順番がきたときになんか慌てて
「アイスの……オレンジジュースください」
って言ったことが。のちに軽く赤面。かぁ。

「…」のところで急にオレンジジュースが飲みたくなったわけです。
無意識に変な言葉になっちゃうのって面白いなぁ。

ちなみに裏メニュー?
もしかしたら普通メニューかもしれないんだけど
「牛乳」をドトールで注文できるのを知ってますか?
ホットミルクにしてもらったことがある。
アイスコーヒーと同じ値段だったかな。

この場合は、ホットにしてもらうのがサービスな気がす…
ああそうか!
最初があったかいものを冷たくするのが
なんていうの、手間であり、サービスなのか!とヒザを打つ。

Copyright © 2005 先生、ツラいっす!.
all rights reserved.