FC2ブログ
07 * 2020/08 * 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11/30
一応のお知らせ
このブログにはカウンター付いてて、下のほうにあるのを気づかない人もいるかなと思うので一応…。

今、約9900人で、最近毎日更新しているため1日20人くらいの方が来てくださってるもようなので、土曜には「10000」になりそう。

こんなんただの数字なんだけど、ま、年末ジャンボの季節でもあることだし、キリ番、運だめしに見てみてください。もちろんコメントは不要。にやっとしていただければと思います。

5桁目がついに動くのを私は楽しみにしている。
(はっ!自分で踏みそうな予感だ…)

スポンサーサイト



11/28
その本は遠い町から
軽い気持ちで予約した本が、他の町からやってきた。

「この資料は市外の図書館から借用しました」

【この札は外さないこと】と書かれたオレンジの厚紙が最後のページにゼムクリップで留めてある。読むときも外さないこと?なの?

「この資料は市外の図書館から借用しました」

借りていることに変わりはないのに緊張する。いつもの図書館だって別に知った人がいるわけじゃないけど。だいいち市長の顔だってよく知らん。

「この資料は市外の図書館から借用しました」

私が見たことない図書館からはるばるやってきた。どうやって?

税金で買われたガソリンで、埼玉の一本道をはしる車。けだるい職員がくわえ煙草で。乾いた秋の空。私の町の本には茶色のシール。この町の本には紫のシール。

本はやってきた。どうもどうも。返却が遅れないように、緊張して読みます。

11/18
腰が痛かった
ぎっくり腰というよりも、始めに重いような締め付けるようなそれでいてネジがゆるんでいるような違和感があって、運動不足かな?だったら動けば治るか、と思って出かけたら帰るころに痛みがひどくなり、ついには2,3歩ごとにびくびく立ち止まるくらいの激痛になった。ここまでが日曜の昼~夜。

痛みの種類としては経験したことのあるぎっくり腰なのだけど発生の過程が「ぎっくり」ではなくて「じんわー」「もやっ…」だったので、何か違う病気だったらどうしよう?と不安になった。そういう風に思い始めるとこの痛みが記憶のぎっくり腰とも違うような気がしてきてこんなに痛いものだったっけ?ぎっくり腰ってどれくらいで治るんだっけ?次の日は治ってなかったっけ?や、10年ぶりくらいだから年齢も考慮してさ…と不安は増大していく。月曜の夜。この対処だけは間違ってないはず、と信じてひたすら安静に。

相変わらず思い通りに寝返りもうてず、一度横になると起き上がるのが苦痛。じっと横になっていても、身体を起こしていても落ち着かない。自然な身体の傾きですらびりびり響く。まっすぐ座っているつもりでもふと息をした瞬間に激痛が走る。そこから姿勢を正すにも一体どこに力を入れたらいいのか分からない。横になる瞬間、起きる瞬間もきついけど、横になっていても腰に重力がかかってるのがよく分かって、なんていうのか、布団の形に沿った身体が永遠に反っていく感じで横になっていても不快な痛みがずっとあってなかなか寝付けない。寝たきりの火曜の昼。

椅子に座ると立ち上がるのが怖いのでパソコンをずっとつけていない。携帯で「ぎっくり腰」を検索してざっと読む。最初は冷やして、そのあとはあたためるのがいいらしい。冷やすのは忘れたけどどのみち冷やすタイミングは過ぎたろうから浴槽に入ってみる。浴槽から立ち上がれなくなったらどうしようと思ったけど信じられないくらい楽になる。風呂上がり、比較的楽に靴下が履けて嬉しい。火曜の夜。

水曜、起きたら再びばきばきとした感覚。痛い。昨夜、身体が冷えていくにつれてこわばりを感じたけどまだよくならないようだ。寝返りをうとうとすると激痛。脚を動かす、その脚の重さが腰にねじれとなって伝わるのが分かる。無意識に緊張して寝ていると思う。昨夜の入浴の効果が心の支え。単純に腰を痛めただけっていうのが実感できたから。風呂上がりは畳の上にべたっと座っても平気になる。

そして今日。朝起きるのが辛くてまだ治らないのかと暗い気持ちに。昼過ぎまで無理せず横になっていたけど、痛みが明らかに昨日までと違う。「治りかけてるよ!」という雰囲気。じっとしてるより動いてほぐしたほうがいいような気がしたのでゆっくり自転車で外出した。久しぶりの外はすっかり冬の透明な冷気で不安。かなしい気持ちになったけど腰のほうはよくなりました。

10/28
断片の連続の全体
継続は力なりって「はーん」と思っていたけど力なのかな…それは分からないけどなにかはある。
なにか出てくるしそれが自分に合っていたら高揚する。
一度ステージに上がったら長く続けるというか、続けなくてもいいんだ。無くさないでおくとか。うーん。
断片の連続の全体でひとつ。つたなくても。

10/25
今日に追いついたので
日々はつるつるすべってゆきあらためてここで文字にするのが面倒くさくてもっぱらtwitterでつるつるすべらせているだけなのでメモがわりに写真を撮っていた。投稿日時を自分で入力すれば過去の日記も書ける。記事タイトルを考えるのが億劫で、だから日付だけの投稿はリアルタイムではありません。
そして今日、今日に追いついたのでこうして書いている。

写真だけでも撮っておいてよかったな。そしてそれをブログにのせるのも面倒くさかったけどのせはじめたらノッてきて、ひとこと、ふたこと、キャプションのように文字にしていたらこんな風。なにかが分かったような、日記というか記録というか文章というかのなにかが。勢い?衝動?そういうものが必要なのだな。まずは自分に向けて書くことなのです。おう、泣きそう。私の味方は私である。

ぽつぽつ短い言葉をとぅるとぅる投げていたけれど衝動みたいなものをつかみかけているので、飽きるまでしばらくまた書くかもしれない。

Copyright © 2005 先生、ツラいっす!.
all rights reserved.